自分のスキルと不足している部分の整理

Webアプリケーション開発の仕事をしておりまだまだスキルは低いですが、一応チームメンバーの一人として仕事はできています。
しかし現場ではそれなりに役割分担されているので、自分が手を動かすことと、動かさないことに分かれています。
そのためそもそも業務上自分がしてはいけない範囲が存在しているため、どうしてもその部分に関するスキルが身につきません。業務上しなくていいので、特に気にしなくてもよいのかもしれませんが、自分の実感としてある程度全体の業務や技術面を理解していることで、自分が手を動かす部分が本来どうあるべきかが見えてくる部分もある、と感じています。

自分は今後少なくとも10年はWebアプリの仕事をしていきたいです。
そのためにはWebアプリの全体に関する知識をもっと増やして、いい仕事ができるようになりたいです。

自分がやっていること
・顧客から仕様を聞いて、それを設計書に落とし込む(基本設計というやつ)
・すでに用意されている現場の基本的なパッケージをベースにロジックの追加や画面側の出力をコーディングする
・仕様するDBのDDLの作成やプログラム中で使用するSQLの記述
・作成したアプリケーションの本番環境へのデプロイ
・タスク管理やスケジュール管理 ※これが職務ではないのだが、これをやることが多い

自分がやっていないが、ある程度知っていたほうが良いと思っていること
・共通で使用しているパッケージ、アーキテクチャの構築?
・脆弱性対応
・Webサーバーの構築
・DB構築
・ネットワークの構築
・もろもろの使用アプリのバージョンアップ対応
※他にもいろいろあるとは思いますが、現時点で認知しているのはこんな感じ。

コツコツ自分で手を動かしながら勉強していく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です