TOEICの次はライティング

この秋から3ヶ月の英作文講座に通うことにしました。
特段高価な講座といったわけではないのですが、せっかくお金を払っていくので効果的に進めたいと思い、実際に講座が開講するまで単語力の向上と1冊は英作文の本を読んでおこうと考えています。
英単語:
TOEFL用かIELTS用の単語を1冊やっていく。
候補はTOEFL単語3800,或いはIELTS単語3500です。
英作文:
英文解釈教室 入門編
その他、英作文用の本を読む。
候補は本屋などで物色中です。
英語を継続的に勉強する理由
今年の1月のTOEICで800点を越えることができましたが、これはあくまでもペーパーテスト。実用的な英語能力を高めようと思えばスピーキングやライティングの能力を組み合わせて向上させたいと思っています。
TOEICの勉強はスタート地点
英語学習でTOEICの勉強を批判する方もいます。所詮ペーパーテスト、実用的な英語能力を反映していない、等々。実際その通りだと思います。
しかし日本で一人で英語を勉強しようと思った時に、教材も講座充実しているのはやはりTOEIC。なのでまずTOEICから勉強することがハードルが低いと思います。
TOEICで高得点を取得できてからTOEICを卒業して、ライティングやスピーキングを勉強すると効率がいいです。それにTOEICでまず高得点を取得していれば就職や昇進などで何かと有利です。
私は人材派遣SEですが、TOEI800点は派遣先でもかなり好印象でした。おかげかどうかわかりませんが、スキルの割にいい現場に潜り込めました。
目指す英語学習のゴールは何か
私が目指すゴール
英語でIT最新技術を学べるようになる
the Economist紙をすらすら読めるようになる
英語でも仕事ができるようになる
これらのゴールのためには今後はライティングとスピーキングが重要だと考えています。
独学だとなかなか勉強を続けられないので、ある程度の金額を課金しながらゴールを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です