こういう社会だったらいいなーという妄想

東京都では都議選があるので、選挙カーがぐるぐる回ったり街頭演説とかしていて賑やかになってきました。東京では梅雨にぶつかって蒸し暑いやらうるさいやらで大変な時期ですね。
いろいろ政策の是非などが議論されていたり、しなかったりして、どうなのやらと思ったりします。
そこでどうでも良いですが、自分の思うこれがあったら良いな、と思う社会システムを妄想してみたいと思う。

1、学校教育の無料化、大学の無料化
前提:私立大学への補助金をやめ、国公立に一本化し、且つ無料にする。
教育費は無料がベストです。
各家庭の経済状況に子供の教育レベルを依存させないのが大事だと思う。
でもって別段私立大学含めてすべての大学で無料にしなくて良いと思う。
私立大学への補助金を削減すれば無料ではなくても国公立大学の学費はかなり下がるのでよいと思う。
また有用な教育のできる私立大学ならば学費よりもリターンが大きいと見込まれれば、学生も集められるだろう。ので、いいのではないか。
但し、これは2で述べる充実した職業訓練制度とセットである必要があると思う。

2、失業対策としての職業訓練の充実
今でも十分に制度としては存在しているが、今後あった方がいいと思うのは
新卒で就職できなかった人などの就業経験がない人も利用できるような職業訓練があればよいと思う。また職業訓練の数が種類なども増やした方がいいと思う。
雇用を維持するというよりも、失業する事を前提に、就業中から失業後にかけて就業できるスキルを再習得して就職まで結びつける、という流れを強化するべきだと思う。
会社が本来かけるべき教育費を税金で負担する、というような見方もあるが、むしろ日本の中にある会社のレベルを上げるために、日本に存在する人のスキルを強化して日本の会社に送り込むぐらいの考えだと思う。これが日本の今後の競争力を上げるのにも不可欠なことだと思う。

3、労働基準法を遵守させる
すでに法律は整備されているが、そもそも遵守されていないのが問題だと思っている。
36協定を遵守させる。残業代をきちんと支払うようにする。パワハラやセクハラなどを取り締まる。などなど。

というような感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です