2017年TOEICの目標830点から900点以上になる

今現在TOEIC830点ですが、今年度受けるTOEICでは900点以上を目指して頑張る予定。
今の時期はITスキル向上のために英語にはあまり時間をかけていません。
しかし今回はTOEICテスト受験の6ヶ月前ぐらいからTOEIC対策のために時間を使おうと考えています。
昨年のテストでは3ヶ月時間を使って800点を越えることができたのですが、今考えると対策の時間をもっと前から取っておけば860点を越えることも難しくなかったのではないかと思っています。
自分は文法問題が苦手なので、今年度受けるときにはPart5に特化した問題集を最低2冊はやりきってから挑戦したいと思っています。

なぜTOEIC900点以上を取りたいのか
1、面談や転職に有利
IT系の仕事をしていると、いろいろ調べ物をしたりエラーメッセージ読んだりするために英語を使うシーンは結構ありますが、仕事上英語必須であるという職場はそんなにありません。それでも英語を勉強しようと、TOEIC900点以上を取りたいと思うのか。
それはずばり転職や面談の時に有利だと実感したからです。
現在自分は未経験だった分野の現場に入っています。環境も抜群で残業もほとんどありません。
TOEIC830点という点数は面談の際に非常に高評価を受けました。業務上使う事はないのですが、イメージとして“仕事できそう”と勝手に思ってくれるのですよね。
2、将来の仕事の口を確保したい
今後少子化で日本国内向けの仕事は徐々に少なくなっていく、海外向けの仕事が多くなってくるのではないかと予想。その時がやってきたときの保険として英語ができないと、仕事の口を見つけるのが難しくなるのではないか、と考えています。
あくまでも個人的な予測ですが。
現在はオフショアとか、外国人エンジニアとかが日本でも浸透していますが、今後は日本から海外に発注するのではなく、安い日本に海外から発注されるような流れになる可能性もありますよね。こういう時に英語ができないとそもそも仕事貰えない、なんてこともありえそうだ、と思っています。あくまでも万が一の予測ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です