Githubでコミット前のローカルの変更を取り消す

久しぶりにRailsを勉強しようとファイルを弄っていたら、
コマンドを間違えて、間違った定義のDB項目を作成してしまった。
そこでせっかくGithubを使用しているので、Githubのコマンドから、変更の取り消しを行うことに。
使用したコマンドは以下の通り。
$git checkout .
まずこちらは、既存のファイルの変更点を全て取り消すコマンド
$git clean -d -f
$git clean -d
そしてこちらは、一行目は-fが付いていることで、何が削除されるのか、確認できるコマンド。
2行目は実際に消去するコマンド。-dが付いていることで、追加されているディレクトリまで消して、前回のcommitした状態まで綺麗に戻ることができました。

そのあと、コマンドラインからrake testを実行してもエラーが出なかったので、問題なく回復できました。

参考にしたサイト:
[git] 変更を取り消す
Untracked Files を削除する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です