中国で外国人労働者の制限開始

​前代未聞! 中国が始める外国人「ABCランクづけ」制度(近藤 大介) | 現代ビジネス | 講談社

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50496

中国国内で働く外国人の労働許可を学歴や年齢、語学力、年収によって点数化。一定以下はお断り、という制度に変わるらしい。
これは中国語を学ぶ日本人にとっては朗報ではないかな。

中国語を勉強することは日本でもかなり浸透してきているが、如何せん日本語を話せる中国人の採用が進んでいるので、中国語力をそこまで必要とされていない。

あまり就職活動でも評価されない現実があった。

しかし明示的にHSKの等級で点数がつくので評価される。

中国語を学んだ日本人にとって追い風になるかもしれない。
ただしこの中国の新しい政策は単に外国人を締め出したいわけではなく、学歴も高く若い働く意欲のある中国人により多くの仕事を提供したいという意志の現れだと感じる。

中国共産党が一番恐れるのは何か。

それは外圧でもなんでもなく、中国人なのだ。若くエネルギーと知識があるが仕事のない若者のエネルギーを放置すると何が起こるのか。

デモ、テロといった班政治的運動にエネルギーを割かれないための安全策としての仕事なのかと感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です