英語を勉強してからの事と2015年1月の英語力:TOEIC640点

TOEICの点数の変遷

2012年9月 620点(リスニング:350点、リーディング:270点)

2015年1月 640点(リスニング:385点、リーディング:255点)

現在手元にあるTOEICの点数の変遷は上記の通りです。
2008年に英語を勉強しようと思い立ち、そこから自分なりにいろいろ勉強してきており、少なくない時間を英語の勉強に費やしてきました。

とにかく面倒な事や細かいことが苦手で、何とか楽をして英語力を向上させようとかなり無駄なことをしてきました。
もう8年近く英語の勉強をしてきましたが、当然必要とされる当たり前のことを嫌がってやらなかったために、時間をかけているわりに英語力が伸びていません。
今年はそれらの反省を踏まえ、基本に立ち返って勉強することを始めました。

下記私が今までやってきた英語の勉強の変遷

・2008年~2011年 英語多読時代
TOEICの点数の変遷:400点→600点台に

勉強方法とその根拠:文法や単語を勉強するような学校英語が非常に嫌いだったため、そんなことをしても英語力は伸びないと考えていました。
英語の聞き流しと多読で日本語を覚えるように、英語も覚えるものだろうと、考えました。

やった事:『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』『小公女セーラ』ロアルドダールの子供向けの洋書をオーディオブックスで英語を聞きながら、洋書を読みました。
多読だったので、基本的には辞書を引かず読み流していました。

反省点:基本的な文法と単語しか知らない状態で、多読をしても、語彙力や英語力の伸びは限界がありました。リスニング能力はかなり伸びましたが、語彙力が低い状態でそこまで英語は伸びませんでした。

・2012年~2014年 ラジオ英会話時代
TOEICの点数の変遷:600点台を維持

勉強方法とその根拠:英語の言い回しや語彙が少ないので、いつまでも多読だけをしていても限界があると反省し、定評のあった実践ビジネス英会話を聴くことに。

やった事:毎日通勤時間を利用してテキストを読みながら、実践ビジネス英会話を勉強、何度も音読を繰り返す。ということをやりました。知らない単語は辞書で調べる、という事はしていました。

反省点:2008年からかなり英語の多読を行っていたので、自分はそれなりに英語が分かるし、外国人と話すときも必要な事柄についてやり取りするのに不自由はないので、勝手に自分は中上級ぐらいのレベルがあると誤解していた。
実際は英文法の理解がかなり低くいので、テキストの内容を覚えても文法的な部分の理解がかなり低く、なぜそういう文法になるのか、分かっていなかった。

・2015年~現在
TOEICの点数の変遷:640点

年初に受けたTOEICの試験結果に衝撃を受ける。せめて700点台はあると思い込んでいたので、点数が低いことにショックを受ける。
しかし以前から文法と語彙力が弱いことを自覚していたので、これを機に基本に立ち返って勉強しなおすことにしました。
勉強方法:まずは英文法と語彙を強化するために、自分のレベルにあった本で勉強することにしました。
詳細は次の投稿で

2 thoughts on “英語を勉強してからの事と2015年1月の英語力:TOEIC640点”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です