eclipseでGithubを使用する

普段使いしているeclipseにGitHubを連動させるためのプラグインは
EGitというものがあるそうで、そちらをインストール
EGitをEclipseにインストールする
こちらのサイトの記述を参考にインストールしました。

EgitをインストールするときにJGitも一緒にインストールするのですが、こちらはJavaでGithubを使うために必要なライブラリのようです。

JGit

JGit
Git commit graph
About This Project
JGit is an EDL (new-style BSD) licensed, lightweight, pure Java library implementing the Git version control system:

repository access routines
network protocols
core version control algorithms

・eclipseでEGitをセットアップする
Git version control with Eclipse (EGit) – Tutoria』※英語
こちらのサイトでは以下の記述の部分を参考にしました。
4. How to configure the usage of Git in Eclipse

・eclipseからGitHub上のリポジトリを登録→コミットするまで

※英語の動画、日本語字幕なし
※動画上はでてきませんが、EGitをインストールしている前提

要約
1、GitHubにアカウントを作成し、リポジトリを作成する
2、eclipse上でパースペクティブからGitを選択
  →リポジトリのクーロンを作成
  →GitHub上に作ったリポジトリのURLを貼り付ける
3、eclipse上でプロジェクトを作成する
  →プロジェクト>チーム>プロジェクトを公開する
  →公開先のプロジェクトに2で作成したリポジトリを選択する
  →プロジェクト>チーム>インデックスに追加する
  →プロジェクト>チーム>コミット

簡単な操作なのですが、特に2の部分が分からなくて結構時間かかりました。

最近分からないことがあるとGoogle検索ならぬYoutube検索で解説の動画を見ることが多いです。
大体インドの方の動画が参考になることが多いです。インドのエンジニアの方々感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です